昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

校長だより

校長より、生徒・保護者のみなさまへのメッセージ
2020年04月02日

 

まず始めに、ご挨拶申し上げます。

 今年度より、校長を務めます北村信一でございます。前任者を引き継ぎ、しっかりと学校運営を進めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、現在の所、4月6日まで新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため臨時休校となっていますが、現状において、感染者の拡大は止まらず、非常に危機的な状況が続いています。

 臨時休校の期間、生徒の皆さんのいない学校はがらんとして、校舎内を歩いても、冷え冷えとした空気で寂しいものでした。廊下がとても長く感じました。教職員だけがいても学校は成立しません。生徒の皆さんがいてこその学校なのだと改めて思っています。

季節は変わり、菜の花の鮮やかな黄色がまぶしく、桜も満開、春の風景は例年と変わらないように見えるのですが、肉眼では見えない、未知のウイルスの脅威で、世界中が混乱しています。中国の内陸部から始まったウイルス感染はこの三か月で世界中に蔓延しました。国や地域を超えて巨大な市場が形成されているグローバル社会において、人の移動と共にウイルスが世界中にまたたくまに広がるのです。一時的に、人の往来を制限しても、もはや、私たちは江戸時代のような鎖国はできません。いったんウイルス感染症が流行すれば、それを封じ込めることがいかに難しいことを今回痛感しました。

 東京においても、公私立の高校が休校を継続し、日常生活はもとより、学校生活など、ままならない日々が続いていて、そのストレスは計り知れないものと推察します。友人との出会いや新しい生活に期待を膨らませ待ち望んだ4月の到来も、いまだ「もやもや」が続いています。しかし、こういう時こそ冷静になり、物事を前向きにとらえて行動しましょう。自分を成長させるために、できることを考えましょう。

今、若年層の感染率が増えています。しかし若者の多くは自覚症状がないまま他への感染機会を増やしていると言われています。満員電車など不特定多数の人々と接触する機会を避け、こまめな手洗い、うがい、部屋の換気、日々の入浴、着替えなど身を清潔に保つこと、バランス良い食事、十分な睡眠など自ら免疫力を高めることが何よりの感染症予防だとわかっています。一人ひとりができることです。自分自身の健康を守るため、一日いちにちの日常生活をこれからも大切にしていきましょう。

 近々4月7日以降の学校活動の予定がホームページに掲載されますので、ご覧ください。その時にはメールにてお知らせします。

私達教職員は、早期の終息を祈りつつ、この局面を乗り切り、日常の学校生活が再開できるように努めております。どうか保護者のみなさま、生徒のみなさんと晴れてお会いできる日が早期に訪れるよう、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 教職員一同みなさんの笑顔を見られることが何よりの楽しみです。

                                                     2020.4.2

昭和第一学園高等学校

校 長  北村 信一