昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

入試&イベント情報詳細

進学支援センター通信 第一話
2020年05月24日

進学支援センター通信タイトル

第一話 進学支援センターとは?

 進学支援センターとは、昭和第一学園高校学校が誇る学習支援施設です。平日は放課後から19時、土曜日は17時まで開室しています。
新入生は、主要3科目(英語・国語・数学)を中心とする授業内容定着のための課題に取り組むことから始め、進学支援センターでの学習習慣を身に付けます。
様々な機能を持つ進学支援センターを、自分の目的に合わせて使いこなす主体的な学習を目標とします。

進学支援センター
進学支援センター

進学支援センターは、本校学習館の2Fから4Fに位置しています。2Fには、80席の自習ブースに加えて、チューター指導専用ルームがあります。1日あたり最大20名のチューターによる個別指導を受けられることが大きな特徴の一つです。また、英語の音声指導や古典の文法ゼミ、入試問題の過去問解説といった、テーマ別特別講義(複数名生徒対象の集団指導)が可能な多目的学習室も設置されています。

進学支援センター

進学支援センターは本校教員が管理しています。クラス担任・教科担当と進学支援センターのチューターが連携しながら生徒の学習状況を把握することで、効果的な学習カウンセリングを行うことができます。
また、専属スタッフが模試ごとにデータ分析を行い、指導に役立てています。

進学支援センター

利用生徒が年々増加していることから、2019年度より3Fにも学習室が増設されました。生徒同士で質問しあって勉強したい時や、少人数によるゼミ式指導が行われる際に使われます。

進学支援センター

学習館4階にも90席の自習ブースがあります。こちらは自習ブースだけで備品類もなく、人の出入りも少ないため、集中して学習しやすいという生徒も多いようです。

次回からいよいよ支援センターの施設を詳しく紹介します。まずは、多くの生徒が利用している進学支援センター2階を具体的に見ていきたいと思います。生徒の学習支援アイテムの数々をご紹介します。

お楽しみに!!!