昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

入試&イベント情報詳細

進学支援センター通信 第六話 チューター講師にインタビュー!①
2020年08月13日

進学支援センター通信タイトル

第六話 チューター講師にインタビュー!①

授業で分からない問題があったときに授業担当の先生に質問することが最も効率よく学習を進める方法です。
しかし、自分が質問したいときに先生と都合をつけることはなかなか難しいものです。
そういったとき、頼れるのがチューター講師です。
学習内容はもちろんのこと、担任の先生と連携をとりながら学習計画についても相談することができます。
今回は前回に引き続き進学支援センターにチューター講師として長年勤務してくださっている山崎さんにインタビューを行ってみました。

進学支援センター
進学支援センター

〇普段、どんな業務を行っていますか?
→個別指導が主な業務になります。それ以外にも生徒一人一人のニーズに応えるために教材や過去問解説の準備を行っています。
個別指導は1日平均20数名も来ます。その後に、受験生の過去問解説もあるので気づいたら閉室時間の19時を迎える日々を過ごしています。

〇チューターさんの中には社会人の方や,本校卒業生の方もいらっしゃるんですか?
→社会人,本校卒業生の方も共にいます。共通しているのは教育に対する熱い思いだと思います。
1日10数名のチューター講師で進学支援センターをサポートしていきます。

〇進学支援センターでは学習面だけでなく、(大学生活がどのようなものなのといった)進路面の相談ものっていただけるんですか?
→進路相談を生徒から受けることもあります。各チューター講師の受験の経験から様々なアドバイスを伝えることができます。ただし、担任の先生や教科担当の先生とも情報を共有することが前提です。

〇進学支援センターにおける塾にない魅力を教えてください。
→一つ目は授業後にすぐに来られる近さです。部活動の前後に立ち寄ることもできます。
二つ目は約60名が在籍しているチューター講師です。講師との相性もあると思うので、お気に入りのチューター講師を見つけてください。生徒さんが何度も質問に来てくれるようになると嬉しいです。学校の授業を担当しているわけではないので、数多くいるチューター講師の中から選んで質問に来てくれるかどうかがチューター講師の腕の見せ所の一つではないかと思います。

〇チューター講師としてのやりがいを教えてください
→初対面の生徒さんを対応することも多いので、毎回毎回が真剣勝負だという気持ちで臨んでいます。
大学受験や英検の合格報告を直接受けたときの嬉しさは言葉では表すことができません。


いかがでしたか! 山崎さんの長年に渡る進学支援センターにかける熱い思いが伝わってきましたね。
後日進学支援センターの様子を伺うと、山崎さんは生徒の指導を行っていました。
進学支援センターも様々な制約はありますが、7月6日より開室をしています。
生徒の皆さん、勉強頑張ってくださいね!!
次回もインタビューを続けていきたいと思います。お楽しみに!!!

進学支援センター
進学支援センター